KOITO TOKYO MOTER SHOW 2017

開催概要

TOKYO MOTER SHOW 2017

第45回 東京モーターショー2017

主催
一般社団法人 日本自動車工業会 (JAMA)
会期

2017年(平成29年)
10月27日(金)~11月5日(日)

プレスデー:
10月25日(水)~10月26日(木)
オフィシャルデー/プレビューデー:
10月27日(金)
一般公開日:
10月28日(土)~11月5日(日)

会場
東京ビッグサイト
東京都江東区有明 3-11-1
Google Map
アクセス

KOITOは企業メッセージ「安全を光に託して」のもと、自動車照明器メーカーとしてお客様が求める新しい価値の創造と、より良い社会の実現を目指しています。
今回は「人とクルマを結ぶ光」をテーマに、自動運転などモビリティ変化に向けた未来のライティングをモックアップやVR映像を使って紹介するほか、夜間走行を強力にサポートする配光可変ヘッドランプやLEDヘッドランプなどを紹介しています。最先端のライティングテクノロジーを体験・体感してください。

Based on our corporate message “Lighting for Your Safety”, as an automotive lighting equipment manufacturer, KOITO is pursuing to bring new values to customers and realize better society. In this exhibition, under the theme of “Light Connects People and Vehicle”, KOITO introduces next-generation lighting by using mock-ups and VR (Virtual Reality) videos. Moreover, we introduce Adaptive Driving Beam headlamp and LED headlamps which support night driving in many ways. Please feel free to experience and enjoy our cutting-edge lighting technology.

展示ブースのご案内

ブース位置
東京ビッグサイト 東6ホール ブースNO.E6402

ブースイメージ

展示テーマ/展示製品

次世代ライティングコンセプト
Next-generation Lighting Concept

次世代コンセプトモデル
Next-generation Concept Model

これからのモビリティ変化に向けて、KOITOは光の新たな役割・価値を提案。
光はヒトとクルマを結びつけ、より安全・安心な社会の実現に貢献します。
次世代ランプは、必要な場所を必要な明るさで照らすだけではなく、LiDARやカメラ等のセンサを用いて車両周囲360°をきめ細かく監視し、安全な走行を支援します。
さらに、クルマのさまざまな情報や状況を光で表示することで、歩行者等とのコミュニケーションツールとしての役割も果たします。

Toward forthcoming autonomous driving society, KOITO proposes next-generation lighting technology. We will keep providing safety and reliance by realizing communication between people and vehicle. Our next-generation lamps not only illuminates appropriate place with appropriate amount of light. Using LiDAR sensors and cameras, KOITO's next generation lamps support safe driving by detecting surroundings of the vehicle covering 360 degrees.

センサ内蔵ランプ
Lamp with Built-in Sensors

自動車の予防安全や自動運転では各種センサが必要不可欠です。
車両四隅のヘッドランプおよびリアランプに周囲監視センサ(LiDAR)を内蔵することで、車両周辺360°の歩行者や車両の検知能力が向上し、さまざまな走行状況において、交通事故の未然防止を図ります。

Wide varieties of sensors are essential for automotive safety and autonomous driving. Integrating LiDAR (Light Detection and Ranging) sensors into headlamps and rear combination lamps located on four edges of the vehicle, these lamps help sensors to improvingly detect pedestrians and traffic covering 360 degrees around the vehicle. They serve for avoid car accidents under various driving conditions.

次世代ランプ“コーナーモジュール2025”
Next-generation Lamp “Corner Module 2025”

自動運転の時代、AIやセンサ、カメラを備えたランプは、自ら考え、表現します。ヘッドランプは、より高精細に、必要な場所だけを照らし、安全な走行を支援します。

In the autonomous driving society, lamps with AI, sensors and cameras think and express by themselves. Headlamps will support safe driving by appropriate and fine light distribution.

ランプモジュール
Lamp Module

各種ランプとその周辺の機能(カメラなど)を一体化し、モジュール化。
小型・軽量化するとともに、低コスト化を実現します。

Integrating each lamps and peripheral structures into a module, the lamp module realizes smaller size, lighter weight and lower cost.

次世代二輪車用ランプ
Next-generation Lamp for Motorcycle

四輪車で培った技術を二輪車に応用し、安全性の向上とともに斬新なデザインの実現を目指しています。
自動運転社会に向け、照らすという機能に加え、LiDARやカメラなどのセンサを搭載するなど、次世代のランプを提案します。

KOITO explores to improve safety and expand headlamp design of motorcycles by taking our extensive experience with automotive technology. Looking ahead autonomous driving society in the future, we propose next-generation lamps with built-in LiDAR sensors and cameras, which more than functions as lighting devices.

最新のランプシステム
The Latest Lamp System

ハイビーム可変ヘッドランプ(ADB)
Adaptive Driving Beam (ADB) Headlamp

車載カメラで前方車両を認識しヘッドランプの配光を全自動で制御、対向車や前走車に眩しさを与えることなく、常にハイビームでの走行を可能にし、ドライバーの前方視界を良好に保つヘッドランプシステムです。

Adaptive Driving Beam (ADB) is a headlamp system that ensures wide visibility for drivers by enabling to drive with high-beams all the time while avoiding glaring to oncoming vehicles or vehicles ahead. ADB's installed camera recognizes vehicles driving ahead, working together with various sensors, and achieves fully automatic light distribution control.

LEDヘッドランプ
LED Headlamp

KOITOのLEDヘッドランプは、独自の光学制御システムと最適点灯システムにより、世界トップクラスの明るさと省電力を実現しています。ハイブリッドカー、電気自動車などの環境対応車をはじめ、軽自動車や二輪車など、さまざまな自動車へ採用が拡大しています。

KOITO's LED headlamp features an exclusive optics control system and optimum lighting system of our own, to deliver world-class brightness and low power consumption. LED headlamps are widely adopted to hybrid and electric vehicles, and also to mini vehicles and motorcycles.

LED Compact シリーズ
LED Compact Series

KOITOは1つのLEDでハイビームとロービームを切り替えるバイファンクションや、AFS・ADBなどの配光可変機能を選択できるヘッドランプユニットを開発、世界で初めて量産化しました。
小型・軽量であるとともに、その凡用性の高さから軽自動車から高級車まで採用が拡大しています。

KOITO has succeeded in developing and mass-producing the world's first headlamp unit called “LED Compact Series”, which provides a selection among lighting function among bi-functional headlamp (a LED unit switching high-beam and low-beam with a single LED), AFS (Adaptive Front Lighting System) headlamp, and ADB (Adaptive Driving Beam) headlamp. As it features small size, light weight, and high usability, it is widely used in wide variety of vehicles; from luxury vehicles to mini vehicles.

センサ内蔵レベリングECU
Leveling ECU with Acceleration Sensor

ECU内に搭載した加速度センサから車両姿勢角を計算し、対向車や前走車が眩しくないように光軸を制御するオートレベリングシステム。従来必要であった車高センサおよび接続ハーネスが不要となり、車両の軽量化、低コスト化に貢献しています。

This auto-leveling system controls optical axis angle by calculating the vehicle pitch angle with acceleration sensor integrated in ECU, and avoids dazzling to oncoming vehicles or vehicles ahead.
The system eliminates the need for wiring harness as conventionally required, and achieved lighter weight and lower cost.

LEDリアコンビネーションランプ
LED Rear Combination Lamp

光源にLEDを用いることで、従来の白熱電球タイプに比べ省電力・長寿命・省スペースを実現、後続車への安全性向上やクルマの燃費向上に貢献しています。また、面発光やハーフミラー方式等、LEDの光り方やランプ構造を工夫することで斬新なランプデザインが可能となります。

Using LEDs as the light source, LED rear combination lamp offers higher power efficiency, longer life, and better space-saving than the conventional incandescent-type lamps. Those features help to enhance safety, and increase fuel efficiency of the vehicle. Moreover, it realizes innovative designs by sing surface light-emission or half mirrored structures.