環境保全への取り組み

KOITOは、製品の開発・設計において、自動車燃費向上とCO2削減のため、省電力化と軽量化を強力に推進しています。
また、環境負荷物質の低減など、人と地球にやさしい製品の開発と提供に努めています。

LEDヘッドランプの省電力化

LEDヘッドランプの省電力化
KOITOは、地球環境に配慮した製品として、省電力・長寿命の特長をもつLEDを光源としたヘッドランプを開発、2007年に世界で初めて量産化しました。以降、LEDヘッドランプの消費電力は年々省電力化しており、現在では、ディスチャージヘッドランプのおよそ50%(ロービーム)となる等、さらなる燃費向上、CO2削減を推進しています。

環境負荷物質を含有しない部品の開発

 水銀フリーディスチャージヘッドランプ
ハロゲンバルブの3倍の明るさと2倍の寿命を持つディスチャージバルブには、極微量ながら環境負荷物質である水銀が含まれていました。KOITOは関係メーカーと共同開発を進め、水銀を使用せずに従来と同等の性能を持つ水銀フリーディスチャージバルブや、水銀フリーに対応した超小型・軽量のバラスト(点灯制御装置)を開発、2004年に世界で初めて実用化しました。
水銀フリーディスチャージヘッドランプ