環境負荷物質削減

基本的な考え方

 小糸では、環境負荷物質・廃棄物低減に向け環境方針の中で「製品ライフサイクルにおいて環境に配慮した新技術・新商品の開発と定着」、「ものづくりにおける環境負荷の最小化」に取り組むことを宣言し、活動を推進しています。
 中期重点取り組みの中でVOC排出量の定量的な削減目標を掲げ、進捗状況を確認しながら、排出量削減に向けた取り組みを進めています。
 「人と地球にやさしいものづくり」を実践するため、今後も環境負荷物質の削減に積極的に取り組んでいきます。

LCA(ライフサイクルアセスメント)

 小糸では、研究開発、生産、輸送、使用、廃棄までのライフサイクルにおける総合的な視点により、環境負荷物質削減を目指した製品開発に努めています。

生産での取り組み

 生産工程において使用される塗料、薬品等の原材料や副資材の一部には、環境負荷の原因となる化学物質が含まれているものがあります。これら環境負荷物質に対し、取扱量、排出量の管理強化、使用効率向上や代替化などの削減活動を進めています。
PRTR法対象物質の管理
 製造工程におけるPRTR法対象物質の取扱量や移動量を把握、適切に管理するとともに、取扱量の削減や代替化に努めています。
 2020年度のPRTR法届出対象物質(第1種指定物質)はトルエン、スチレン等の6物質で、これらの物質の取扱量は264.7t、大気排出及び廃棄物等移動量は92.1tとなりました。 
VOC(揮発性有機化合物)の削減
 小糸のVOC排出量は一般社団法人日本自動車部品工業会の「環境自主行動計画」と整合させ、「2020年までにVOC排出量を2000年度比30%削減」することを目標に活動してきました。
 活動の結果、2020年度VOC排出量は2000年度比△80%の削減となりました。また、VOC排出量原単位※1は削減活動を始めた2008年度比△52%の削減を実現しています。
 なお、有害大気汚染物質3物質※2は2003年3月の全廃達成以降、使用実績はありません。
※1 VOC排出量原単位:生産金額(百万円)あたりのVOC排出量(kg)
※2 有害大気汚染物質:ジクロロメタン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン