知財マネジメント

基本的な考え方

 小糸グループでは、知的財産を国際競争力の源泉として位置付け、研究開発戦略・知的財産戦略と一体となった事業戦略の策定に取り組んでいます。今後も知的財産に関する創作活動を奨励し、知的財産権の適切な保護・活用に取り組むとともに、第三者の知的財産権を尊重し、侵害することのないよう努めていきます。

 小糸グループは、AIやエレクトロニクスなど先端技術を駆使し、安全性の向上を追求した独創的なシステム、複合商品の研究開発を展開するとともに、環境に配慮した製品・材料・工法などの開発により、「人と地球にやさしいものづくり」を実現しています。

知財マネジメントの推進体制

 小糸グループでは、事業戦略と一体となった知的財産戦略を策定・実行していくため、小糸製作所を中心としたマネジメント体制を整備し、知的財産権の取得やライセンス契約、権利侵害への対応など、グループにおける知的財産管理体制の強化を図っています。
 特に、研究開発においては、小糸製作所 技術センター(日本)を中心に、NAL 技術センター(北米)、KCZ 技術セクション(欧州)、広州小糸 技術セクション(中国)、タイ・コイト 技術センター(アジア)の世界5極体制にて展開しています。

知財侵害対策

 小糸グループでは、知的財産の重要性に鑑み、階層別研修等を通じて知的財産権に関する研修を実施し、従業員一人ひとりの意識醸成に取り組んでいます。また、他者の知的財産権を侵害しないよう、すべての研究開発者や設計者が利用可能な特許調査システムを導入・展開し、知財紛争の事前予防に取り組んでいます。