リスク管理

基本的な考え方

 小糸では、多様化・複雑化するリスクを適切に把握し、リスク顕在化の未然防止や発生時の被害を最小化するために、総合的なリスク管理の充実・強化に取り組んでいます。

管理体制

 リスク管理は、その低減及び回避のための諸施策の実施と日常の管理を、社内各部門が分担して担っています。製品の安全等のリスクは品質保証部、サプライチェーン上のリスクは調達部、自然災害等のリスクは安全環境部等といったように、各事業部門で関連するリスクのアセスメントを実施し、対策を講じており、その本部長は責任部署担当役員が務めています。加えて、各リスクに関する従業員への研修を実施しています。
 万一リスクが現実のものとなった場合は、経営の最高意思決定機関である取締役会へ報告され、経営トップの指揮のもと迅速・適切な対応を図ることを基本としています。

災害リスクへの対応

 自然災害や火災による災害リスク対策は、「人命最優先、事業継続性の維持」を基本方針として、東日本大震災や熊本地震、西日本豪雨や台風等の教訓に加え、南海トラフ地震の被害想定等に基づき、減災・初動・復旧対応を検証、課題を見つけ出し、対策の見直し・強化を図っています。

減災・初動対応
 地震等の自然災害に対しては、工場建屋の耐震補強や設備、什器の転倒防止対策、緊急地震速報システム導入などに加え、避難や消火活動の定期的な防災訓練、全従業員の安否確認運用訓練実施や、避難経路確保の維持管理状況の総点検を行っています。また、豪雨や台風から身を守るためのハザードマップ確認方法・避難方法等の講演開催により、災害被害の極小化に取り組んでいます。
 
 火災発生未然防止策としては、有機溶剤などの危険物や可燃物の管理徹底に加え、万一の火災発生を想定した消火設備の増設や配置見直し、初期消火のための消火訓練の実施により、迅速な消火ができる体制強化に取り組んでいます。
 
 更に、関係会社や仕入先に対する現地での安全・防火・防災点検の実施、国内関係会社同士で互いの工場を点検、改善しあう「関係会社安全相互点検」などにより、グループ及びサプライチェーン全体で安全・防火・防災レベルの向上に努めています。

消火栓による消火訓練

建屋内で濃煙避難訓練


避難訓練

防災講演会