人権の尊重

基本的な考え方

 小糸は、「従業員が希望をもって描く夢の実現に向かって前進する」ことを経営理念の一つとし、また「小糸グループ行動憲章」において、従業員の人格や多様性、個性を尊重するという「人間性の尊重」を10原則の一つとして定めています。
 従業員のみならず、取引先や地域社会とのコミュニケーションを図り、すべてのステークホルダーの人権を尊重することで、国際社会から信頼される企業であり続けることを目指しています。
 小糸グループは、今後も社会の一員として、社会の共存共栄に資する企業活動を展開していきます。

人権教育

 小糸では、コンプライアンス教育の一環として、従業員に対し人権尊重に関する教育を実施しています。また、ハラスメント研修といった特定の課題に関する研修を適時行い、従業員一人ひとりの人権尊重に対する意識醸成に向けた取り組みを推進しています。