KOITO TOKYO MOTER SHOW 2019

開催概要

第46回東京モーターショー2019

主催
一般社団法人 日本自動車工業会 (JAMA)
会期

2019年
10月24日(木)~11月4日(月・祝)

プレスデー:
10月23日(水)、24日(木)
オフィシャルデー/プレビューデー:
10月24日(木)、25日(金)
一般公開日:
10月25日(金)~11月4日(月・祝)

会場
東京ビッグサイト青海・西/南展示棟、MEGAWEBなど
アクセス

KOITOは企業メッセージ「安全を光に託して」のもと、自動車照明器メーカーとしてお客様が求める新しい価値の創造と、より良いクルマ社会の実現を目指しています。
世界初となるハイビーム可変ヘッドランプをはじめ、自動運転社会に貢献するセンサを搭載したランプ、コミュニケーションランプやスマート街路灯など、モビリティ社会にワクワクを提供するセンサ・ライティング・ソリューションを紹介します。

Based on our corporate message “Lighting for Your Safety”, as an automotive lighting equipment manufacturer, KOITO is pursuing to bring new values to customers and realize better motorization society. KOITO will exibit the world's first ADB (Adaptive Driving Beam), lamps integrated with sensors, communication lamps and smart street lights which contributes to the future autonomous driving society. KOITO will propose Sensor-Lighting Solutions by cutting-edge technologies which AMAZE motorization society.

展示ブースのご案内

ブース位置
東京ビッグサイト 西展示棟 W4102

展示テーマ/展示製品

次世代コンセプトモデル
Next-generation Concept Model

クルマの四隅にあるヘッドランプ・リアランプに、自動運転に必要なLiDAR、カメラ、ミリ波レーダーといった周囲監視センサを搭載することで、360°センシングによる対象物の早期検知が可能になります。
また、路面描画ランプや車体ディスプレイ等を活用し、ユーザーや歩行者にとって必要な情報をいち早く"光"で伝えることで、人とクルマをつなぐコミュニケーションを提供します。

By installing sensors (LiDARs, cameras, and millimeter-wave radars) into headlamps and rear combination lamps in the four corners of the vehicle, next-generation lamps detect objects 360° around the vehicle at an early stage.
KOITO also provides pedestrian-to-vehicle communications by promptly informing drivers or pedestrians with necessary information by using “Lights.”

次世代モーターサイクル コンセプトモデル
Next-Generation Motorcycle Concept Model

四輪車で培った技術を二輪車に応用し、安全性の向上とともに斬新なランプデザインの実現を目指しています。
自動運転社会に向け、LiDARやカメラなどの周囲監視センサ、インフラと連携したヘッドランプやさまざまな情報を路面に投影するコミュニケーション機能を搭載しています。

KOITO has taken its extensive experience with automotive technology and applied to motorcycles to achieve safety and innovative designs in motorcycles.
Next-generation motorcycles are equipped with surrounding monitoring sensors (LiDARs, cameras, etc.) and headlamps which interact with infrastructures.
They can also communicate with surroundings by displaying various information on the vehicle body or on the road.

スマート街路灯
Smart Street Lights

LiDAR、カメラ、ミリ波レーダーを搭載したスマート街路灯が周囲センシングすることで、車載センサでは得られない情報を収集・提供するだけでなく、自動運転車の円滑な走行をサポートします。

Next-generation city lights and traffic signals with surrounding monitoring sensors (LiDARs, cameras, millimeter-wave radars) provide information to autonomous driving vehicles that cannot be obtained by vehicles' sensings, and support its smooth operations.

ハイビーム可変ヘッドランプ(ADB)
Adaptive Driving Beam (ADB)

車載カメラで前方車両を認識しヘッドランプの配光を全自動で制御、対向車や前走車に眩しさを与えることなく、常にハイビームでの走行を可能にし、ドライバーの前方視界を良好に保つヘッドランプシステムです。
世界初の「ブレードスキャン®ADB」をはじめ、高級車から軽自動車、トラックまで普及が進んでいるさまざまなタイプのADBをご紹介します。

ADB is a headlamp system that automatically controls high-beam lighting range in response to the driving conditions recognized by an installed camera.
ADB ensures wide visibility for drivers while avoiding glare to oncoming vehicles or vehicles ahead by enabling them to drive with high-beams all the time.
KOITO will introduce the world's first “BladeScanTM ADB” and various types of ADBs which are adopted to wide range of vehicles from luxury vehicles, mini vehicles to trucks.

LEDヘッドランプ
LED Headlamps

KOITOのLEDヘッドランプは、独自の光学制御システムと最適点灯システムにより、世界トップクラスの明るさと省電力を実現しています。
ハイブリッドカー、電気自動車などの環境対応車をはじめ、軽自動車や二輪車など、さまざまな自動車へ採用が拡大しています。

KOITO's headlamps feature an exclusive optics control system and optimum lighting system of our own, to deliver world-class brightness and low power consumption. LED headlamps are widely adopted to hybrid and electric vehicles, and also to mini vehicles and motorcycles.

LEDリアコンビネーションランプ
LED Rear Combination Lamps

光源にLEDを用いることで、従来の白熱電球タイプに比べ省電力・長寿命・省スペースを実現、後続車への安全性向上やクルマの燃費向上に貢献しています。また、LEDの光り方やランプ構造を工夫することで斬新なランプデザインが可能となります。

Using LEDs as the light source, LED rear combination lamps offer higher power efficiency, longer life, and better space-saving than the conventional incandescent-type lamps. These features help to enhance safety, and increase fuel efficiency of the vehicle. Moreover, it realizes innovative designs by using surface light-emission or half-mirrored structures.