100周年記念

沿革

創業期

1910

小糸源六郎

創業者
小糸源六郎

191212月

鉄道信号灯用フレネルレンズ国産化に成功

フレネルレンズとは円形の中央部を小さな凸レンズとし、その周縁に環状レンズを組み合わせ、これを一体に圧縮成形したもの。レンズを通過する光は、屈折されて平行光線となる。鉄道の需要を予見し、1912年12月にこの国産化に成功、厳しい試験にも合格し、当社の礎を築くこととなった。

鉄道信号灯用フレネルレンズ

小糸源六郎商店

19154月

小糸源六郎商店
開設

1920

月島工場

19279月

月島工場再建

1930

品川工場

19352月

品川工場開設

社章

19364月

株式会社小糸製作所
設立 社章制定

19369月

自動車用照明器に進出

自動車用照明器

1932 年軍用側車付二輪車「くろがね号」前照灯、1933年三輪トラック用前照灯納入などの実績を踏まえて、1936 年に豊田自動織機製作所自動車部にAA型乗用車用前照灯を納入し、自動車用照明器に進出した。

大陸交通器材株式会社

19391月

大陸交通器材株式会社 設立(中国・北京)

1940

静岡工場

19434月

静岡工場開設

  • 創業期
  • 戦後復興期
  • 発展期
  • 拡大期