TCFD提言に沿った情報開示

 気候変動による影響が世界中で深刻化する中、2015年12月、G20からの要請を受け、金融安定理事会によってTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)が設立されました。TCFDは2017年6月にTCFD提言を公表、企業などに対し、気候変動が自社に及ぼすリスクや機会について4つのテーマに基づいた情報開示を求めています。
 小糸は2021年12月、TCFDへの賛同を表明、2050年度のカーボンニュートラルの実現に向けたCO₂排出量の削減活動、及び関連情報の開示を積極的に推進しています。
 今後、気候変動が当社に及ぼすリスクや機会、及びその影響の特定などに関する分析を進め、更なる情報開示の充実に取り組んでまいります。

TCFDの開示推奨事項と小糸の対応状況