品質・製品安全

基本的な考え方

 小糸グループでは、グループ行動憲章において「私たちは、安全かつ高品質な製品・サービスを開発、提供し、お客さまの満足と信頼を獲得する」ことを宣言し、品質の確保・向上に向け、お客様第一の製品づくりに努めています。
 また、品質管理マネジメントシステム(QMS:Quality Management System)においては、海外関係会社11社を含む18社が国際規格であるISO9001、もしくは自動車産業の国際的な認証であるIATF16949認証を取得しており、開発から生産までのあらゆる部門が、品質レベルを維持・管理するマネジメントシステムを運用しています。
 今後も、それぞれの国や地域の状況にあわせた活動を展開し、品質の維持・向上を通じて、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

品質活動の推進体制

 小糸では、国際規格であるISO9001、IATF16949に基づいた品質マネジメントシステムを構築し、円滑な運用を行っています。
 品質保証部長を委員長とする「内部品質監査」を年1回以上開催し、小糸グループ全体の品質管理に関する事項の意思決定や、品質管理状況をモニタリングしています。また、具体的な活動は、資格を有した内部品質監査員を主要なメンバーとする内部品質監査事務局が推進しています。
 取り組みの進捗状況は、品質部門担当役員を通じて常務会・取締役会に報告され、経営層のモニタリングによる管理体制の強化を図っています。品質試験・評価を行うことができるグローバル体制を整え、品質保証の仕組みづくりの強化にも努めています。品質試験・評価の結果、不具合が見つかった場合等は、迅速に原因を究明し、再発防止を図るよう、体制の整備を行っています。

品質マネジメントシステム認証取得

 海外関係会社を含むISO9001もしくはIATF16949の認証取得事業所の一覧は、下記の通りです。
 今後も、品質マネジメントシステムの構築を通じて、各関係会社・各部門におけるPDCAサイクルを徹底し、製品安全や品質の確保に努めていきます。

品質向上への取り組み

 小糸では、新入社員・管理監督者などを対象とした職階別教育において、品質教育を実施しています。また、品質管理に関する活動として、QCサークル活動や改善事例発表会(FQC大会、スタッフQC大会)等を実施し、品質の向上や改善に日々取り組んでいます。
 今後も、更なる品質向上を図るべく、研修・教育の充実など、活動充実を図っていきます。

スタッフQC大会