最新ランプシステム

KOITOのランプシステムは、走行状況に応じて適切な光を提供し、安全で、快適な夜間ドライブを実現します。
最新のヘッドランプやリアコンビネーションランプなど自動車用ランプの光源には、省電力・長寿命等の特長を持つLEDが採用されています。

LEDヘッドランプ

KOITOのLEDヘッドランプは、独自の光学制御システムと最適点灯システムにより、世界トップクラスの明るさと省電力を実現しています。ハイブリッドカー、電気自動車などの環境対応車をはじめ、軽自動車や二輪車など、さまざまな自動車へ採用が拡大しています。
ハイビーム可変ヘッドランプ(ADB:Adaptive Driving Beam)
車載カメラで前方車両を認識しヘッドランプの配光を全自動で制御、対向車や前走車に眩しさを与えることなく、常にハイビームでの走行を可能にし、ドライバーの前方視界を良好に保つヘッドランプシステムです。
アレイ®ADB搭載車 走行イメージ映像
ブレードスキャン®ADB
KOITOは、高速回転するブレードミラーにLEDの光を照射し、光の残存効果を用いて前方を照射するブレードスキャン®ADBを開発、世界で初めて量産化しました。ブレードスキャン®ADBは、ミラーの回転と12個のLEDの点消灯を制御することにより、LED300個相当の高精細な配光を実現、対向車や前走車に対する遮光範囲を極めて小さくすることが可能となり、歩行者の早期発見につながるなど、交通事故低減に貢献します。
ブレードスキャン®ADB搭載車 走行イメージ映像
LED Compact シリーズ
KOITOは1つのLEDでハイビームとロービームを切り替えるバイファンクションや、AFS・ADBなどの配光可変機能を選択できるヘッドランプユニットを開発、世界で初めて量産化しました。
小型・軽量であるとともに、その汎用性の高さから、軽自動車から高級車まで採用が拡大しています。
二輪車用LEDヘッドランプ
昼間点灯が義務付けられている二輪車用ヘッドランプにもLEDの採用が拡大しています。
LEDヘッドランプは省電力・長寿命・省スペースなどの特長とKOITO独自の配光技術により、安全で快適な走りをサポートします。
LEDヘッドランプユニット
路線バス等で採用されている電球交換式ハロゲンヘッドランプユニットの交換品。
従来比で約3倍の明るさ、約50倍の寿命、消費電力約1/4の省電力などの特長があります。

LEDリアコンビネーションランプ

光源にLEDを用いることで、従来の白熱電球タイプに比べ省電力・長寿命・省スペースを実現、後続車への安全性向上やクルマの燃費向上に貢献しています。また、面発光やハーフミラー方式等、LEDの光り方やランプ構造を工夫することで斬新なランプデザインが可能となります。
トラック用オールLEDリアコンビネーションランプ

テール&ストップランプだけではなくターンランプやバックランプにもLEDを採用。
ターンランプにはシーケンシャル(連鎖式点灯機能)を搭載するなど、自車の被視認性を高めます。

トラック用LEDリアコンビネーションランプ
シーケンシャルターン 点灯イメージ映像

LEDデイタイムランニングランプ(DRL)

昼間や薄暮時に点灯することにより、自車の被視認性を高め安全性を確保します。

LEDデイタイムランニングランプ(DRL)

LEDフォグランプ

高出力白色LEDの採用により、省電力、斬新なデザイン、コンパクト化を実現しています。

LEDフォグランプ

アクセサリーランプ

点灯時と非点灯時で異なる見映えを実現、点灯時には立体感のある光り方を演出し、自車の存在を目立たせます。

アクセサリーランプ